2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

リンク先です

無料ブログはココログ

2020年10月25日 (日)

最近の運動。

11日(日)運動お休み。

12日(月)夜スイム2200m(このあたりから、平日スイムも短め)。

13日(火)運動お休み。

14日(水)夜スイム2200m。

15日(木)運動お休み。

16日(金)朝ラン6キロ+夜スイム3300m(頑張りました)。

17日(土)運動お休み。

18日(日)休日の宿直勤務で運動お休み。

19日(月)宿直明けで運動お休み。

20日(火)朝ラン5キロ+夜スイム1500m。

21日(水)夜スイム900m(超ショートスイム)。

22日(木)運動お休み(仕事もお休み)。

23日(金)夜スイム2200m。

24日(土)運動お休み。

 

 

 簿記検定の準備に追われてしまい、思うように運動ができませんでした。とほほ。

 別に簿記検定に合格できなくても生活に支障はないので、もっとゆったりした気持ちでいればいいのですが、思うように勉強が捗らないと必要以上に焦ってしまう気がします。そもそも簿記の勉強は数独の延長で始めた趣味みたいなものなので、たとえ来月合格できなくても「まだ楽しめる!!」くらいの気持ちでいなくてはいけないのですが、冷静になれない自分がちょっと恥ずかしいです。

 

 

 さて、もうひとつのチャレンジであるOWS検定ですが、来年2月の検定へのステップとして12月中旬に1500mの記録会にエントリーしました。50mプールなので検定のターゲットとしては23分なのですが、とりあえずは25分〜26分を目標にしてみようと思っています。開催場所は辰巳プールです。

 

 

 それから、3年間使用してきたガーミン735(だったかな)のGPSが反応しなくなりました。2か月弱くらいスイムばかりでGPSを使っていなかったのですが、走ろうと思ったら「あれ?!」動かない。というわけで、ガーミン945の購入について検討し始めました。金額がネックではありますが、ウルトラマラソンへの挑戦を考えると1択です。

2020年10月11日 (日)

2週間の運動など。

27日(日)朝スイム3200m。

28日(月)夜スイム3000m。

29日(火)運動お休み。

30日(水)夜スイム3200m。

1日 (木)運動お休み。

2日 (金)夜スイム3800m。

3日 (土)運動お休み。

4日 (日)夕方ジョギング8キロ。

5日 (月)夜スイム3200m。

6日 (火)運動お休み。

7日 (水)夜スイム2700m。

8日 (木)運動お休み。

9日 (金)夜スイム3000m。

10日(土)運動お休み。

 

 

 

 相変わらず簿記の勉強に迫られて運動は低調です。

 それから、気になっていた足の炎症等のために皮膚科に通院したり。炎症はやっぱり水虫でした。この年齢で水虫デビュー。まあ、スポーツジムにあれだけ通っているので、うつされて当然かな。幸いかゆみもなくて軽症です。

 

 

 簿記検定までは残すところ1か月。だいぶ焦ってきましたが、いまさら焦っても仕方ないので、あれこれ手を出さないで目の前のできることだけを淡々とやっていこうかなと思っています。つまり、今回の検定合格は五分五分くらいかなあ。やっぱり1級は手強いです。

2020年10月 5日 (月)

ちょっと憂鬱な週末。

 今週末は簿記の勉強でつまづいてしまい、2日間ほとんど外にも出ず、日曜朝の水泳も取りやめて簿記に専念しました。

 商業簿記もひと段落し工業簿記が3分の1くらいまできたところで、思わぬスタック状態。どうしても理解できない問題が頻出して、普段なら半日で終える1テーマ分を1日半かけて、何度となく繰り返しました。まあ年齢が年齢なので、12時間もすれば忘れてるんですけどね。冷静になれば、1か月半後の検定本番のときに覚えているかどうかが問題なんですけど、やっぱり理解できない箇所があると精神的に焦ります。

 

 

 というわけで、今週末は水泳も行けなかったので、日曜の夕方に走りました。ジョギングは2か月くらいご無沙汰していたので、終わった直後から膝裏や腰がギイギイ言ってます。

 

 

 

 明日は仕事帰りにジムでゆっくり泳いで、水中で身体のギシギシを解放しましょう。

2020年10月 1日 (木)

あ、10月ですね。

 今年度も半分、カレンダーでいうと7割5分も終わってしまいました。コロナ騒ぎで世の中全体が今までにないような状況にありますが、そんな中でも時間はゆったり、確実に過ぎているわけです。

 

 

 とは言いながら、個人的には大して変化のない生活を送っています。相変わらず、淡々と仕事をして、帰りにはスポーツジムで水泳して、隙間時間を見つけてはコツコツ簿記の勉強。

 簿記の勉強の成果なのか、最近新聞の経済欄をきちんと読むようになりました。減損だの、特別損失だの、知った単語が増えたせいもあって、これまでは「なんとなく」だった理解度が「あ、こういうことかな」くらいまで少しレベルアップしました。簿記の勉強自体は単なる数字の並びだったりしますが、繰り返しているうちに、少しずつカタチになって、具体的に見えてくるものですね。

 

 

 それに比べると、水泳は少し停滞しています。レッスンを受けたりして、レベルアップには「きつい練習の継続しかない」と結論は見えているのですが、やっぱり苦しいのは嫌で、「今日は混んでるからスピード練習はやめとこ」とか易きに流れてしまう自分が情けない。長年楽に泳ぐことばかりを優先してきたツケを払わされています。昔は50mを30秒切れていたのですが、水泳自体は絶対に上達しているはずなのに、40秒でゼイゼイ言っているのが何よりの証拠です。

 

 

 とにかく、無理ない範囲で頑張ろ。

2020年9月27日 (日)

2週間の運動など。

13日(日)朝スイム2400m。

14日(月)運動お休み。

15日(火)昼スイム3000m。

16日(水)運動お休み。

17日(木)朝スイム1800m(プライベートレッスン受講)。

18日(金)朝スイム2500m。

19日(土)運動お休み。

20日(日)朝スイム3500m。

21日(祝)運動お休み。

22日(祝)運動お休み。

23日(水)昼スイム3100m。

24日(木)運動お休み。

25日(金)昼スイム2900m。

26日(土)運動お休み。

 

 

 長かった夏休みですが、ほとんど外にも出ずに簿記の勉強ばかりで終わってしまいそうです。当然運動も低調でしたが、水泳のレッスンだけは受講しました。

 結論としては、OWS検定1級にはまだだいぶ足りないようで、プールでの練習だけでなくストレッチコードを使った筋トレなど、翌日からいろいろと始めています。自分なりに解釈すると、一番の弱点はスピード不足。目標とする1500m22分30秒は計算上は50m45秒となりますが、50mを40秒以内で泳ぎ10秒レストのインターバル(50秒サークルですね)くらいは不可欠だそうです。今の状態で42秒前後で戻ってくることは可能ですが、どうしても55秒サークルとかになってしまいます。

 あと泳ぎ方については、ターンを含めて大きな修正の指摘はなかった(!!)ものの、肩甲骨を前後に大きく動かすことでより遠くから水をキャッチしてより遠くまでプル動作をするように言われました。あとはキックのタイミングもズレていて勿体ないとの指摘も。手の動きに合わせて自然と歩くように入るキックが理想のようです。

 レッスン後10日くらい経ちますが、スピード練習は苦しいままです。55秒サークルでも心拍が180近くまで上がり、8本もやるとへろへろです(170半ばくらいまでにならないと、その速度では泳ぎ続けられないと言われました)。陸上の運動と違って呼吸や慣れもあるので、当分の間はこの苦しさに慣れることを目標にしたいと思います。ただ、100mを泳いだときのタイムが、レッスン前は90秒+くらいだったのが90秒弱で普通に戻ってこられるようになりました。まあ、100mのインターバルのターゲットが80”戻りの90”サークルと言われているので「まだ全然」ではあるんですけどね。

 こんなんで来年2月のOWS検定に間に合うんですかね。ちょっと不安。

 

 

 では、運動時間や釣りを削ってまで継続している簿記検定はどうだったかというと。

 現在やっと商業簿記・会計の問題集の復習が終わったところです。2月から5月に独学していたところなので、ほとんど忘れていて難儀して、何度か心も折れそうになりました。これからの1か月は工業簿記・原価計算の問題集の復習です。こっちの方が比較的得意なはずですが、再び忘れないように商業簿記・会計も同時並行で復々習していくので、引き続き苦しい日々が続くと思います。

 よく考えたら、もし今年コロナ騒ぎがなく、トライアスロンや100キロマラソンも予定通り出場していたとすると、簿記に割ける時間がそれだけ減っていたでしょうし、とても11月の検定には間に合わなかった気がします。といっても現時点で「間に合ってるのか」よく判りませんけどね。

 

 

 というわけで、結局今年は釣行ゼロで終わりそうです。去年も一昨年も1日ずつとかだったので、大差ないといえば大差ないのですが、スキーにも行かなかったし、そろそろ趣味の取捨選択をしないといけないなあと思う今日この頃です。ま、簿記が趣味かどうかという問題はありますけどね。

2020年9月15日 (火)

簿記検定申し込みました!!

 6月の検定が中止だったと知っているので、少し不安ではありますが11月の簿記検定1級申し込みました。まだ2か月ありますが、「いよいよ」という感じです。もし再び中止となれば、次回は来年6月(2月は2・3級のみのようなので)であり、現在覚えていることは全部「ざる」の脳ミソから抜けているでしょう。そのときのことは、そのとき考えます。

 

 

 まあ、遊び半分で勉強している(前にも書いたと思いますが、数独の延長です)ので、気楽にやりますよ〜。

現在夏休み(先週の運動も)。

 今週から2週間、ちょっと遅い夏休みです。早速14日(月)は10か月ぶりくらいの歯医者に行って隅々まで綺麗にしてもらいました。

 昔は歯医者嫌いでした。厳密には今も嫌いですけど。たぶん4年くらい前から、半年に1回くらいの頻度で虫歯のチェックと歯石の除去などのケアをしてもらっています。今回はコロナの騒ぎとかもあって、ちょっと間が空きすぎてしまい「もうちょっと早めに来て下さい」と言われてしまいました。特に虫歯もなく、ガッツリ綺麗にしてもらい気分がいいです。

 

 

6日 (日)運動お休み(勉強のため、朝スイム断念)。

7日 (月)夜スイム2600m。

8日 (火)夜スイム2400m。

9日 (水)宿直のため運動お休み。

10日(木)宿直明けで運動お休み(早寝しました)。

11日(金)夜スイム2500m。

12日(土)運動お休み。

 

 

 だいぶ運動量が落ちていますが、簿記の勉強が気になるのでしばらくはこのくらいのペースの予定。でも、夏休みのうちに水泳のプライベートレッスンを受けることを考えています。一応「水泳コーチ」の肩書きは入手したものの、教えることも教わることもほぼないので、本当にこのままの泳ぎ方で続けていいのかの最終?確認のつもりです。お値段は5千円以上1万円未満です。まあ、スキーのレッスンなんかに比べるとだいぶお手軽ですよね。

 ちょっと楽しみです。

2020年9月 9日 (水)

諦めたわけではないけれど。

 簿記1級の勉強が、いよいよ佳境に近づきつつあります。2月末から6か月かけて検定範囲を商業簿記→工業簿記の順番でやってきて、現在再び商業簿記に戻って問題を解いています。50歳を目前にした脳ミソなので当然ですが、半年近く前にやったことは殆ど忘れています。昨年末から3級→2級と勉強を続けてきたので、何度か出てきた基本的な部分は少しは頭に残っていますが、級が進むにつれてハナシも込み入って複雑になって四苦八苦。正直こんなに簡単に忘れてしまうか!!というショックが大きいですね。まあ忘れる前提で、これからは頻繁に同じ問題を繰り返して脳細胞に少しずつ刻み込んでいかないと。

 

 

 それでも、独学の悲しいところか、どうしても頭がついていかないというか、根本的に理解不能なトピックがいくつかあります。具体的には、金融商品の中のデリバティブ(派生商品)や不動産の証券化とか。要は今まで生きてきた中で全く触れる機会のなかった領域の事柄です。自分の性格から、独学で理解できなくても、ネットで調べたり、悪あがきをしてきたのですが、よく考えると100点を取ることが目的ではないので、「捨てトピック」があってもいいのかな?とちょっと考え直しました。つまり、苦手な領域で苦しんでストレス抱えるより、得意な領域を伸ばしてより確実に得点できるようにすれば合格に近づくだろうということ。そう考えるとちょっと気が楽になりました。

 

 

 というわけで、あと1週間すると簿記検定の申し込みが始まります。そこから2か月で検定です。楽しみながら頑張ります。

2020年9月 8日 (火)

先週の運動です。

30日(日)朝スイム4500m。

31日(月)夜スイム1300m。

1日 (火)運動お休み。

2日 (水)夜スイム4000m。

3日 (木)運動お休み。

4日 (金)夜スイム4500m。

5日 (土)運動お休み。

 

 

 ちょっと休み多めです。簿記の勉強がなかなか追いつかないために運動をちょっと減らしています。

2020年9月 5日 (土)

おいくら?

 「水泳コーチ」になりました。

 

 

Kimg0259

 

 

 日本スポーツ協会から登録証が届きました。嬉しい反面「あれ?こんなカードが1枚か・・・」と。

 ここに至るまで、都水泳連盟の基礎水泳指導員を受講(途中インフルエンザにかかって半年以上かかった)して、実技と筆記試験を受けて、それから通信教育もパスして、それなりに苦労はしました。それに加えて、種々の受講料と水泳連盟やスポーツ協会への登録料(上納金?)を含めると6万か7万以上かかりました。まあ、金額の問題ではないけどね。

 

 

 しかし実際には道半ば。これに加えてOWS検定1級に合格して、指導補助等を経験するとOWSの指導員資格も得られるはずなんです。次のステップを目指して、これからも泳ぎ続けます。

«インターバル練習。