2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

リンク先です

無料ブログはココログ

« 先週の運動です。 | トップページ | 簿記検定1級までの準備。 »

2020年8月11日 (火)

OWS検定までの道のり。

 今年と同じ2月に検定があるとして、OWS1級検定まで半年になりました。基礎指導員と違って検定科目が多いOWSですが、前から時々触れているとおり、パスするのが大変そうなのは以下の2点。

 

 

1 1500m連続泳(時間制限は22分30秒:短水路)

2 立ち泳ぎ5分(うちラスト1分は肘を水面に出して脚のみ立ち泳ぎ)

 

 

 1の1500mは50mだと45秒というペース。1本や2本なら・・・と思うのですが30往復となると、泳ぎ方を思い切って変えてスピードアップを図った上で苦手のクイックターンも相当練習しないと届かない数字。コロナ騒ぎで泳げなかった時期のあと、最近は少しずつ自分を追い込んで泳ぐ練習を始めていて、50mなら45秒を切れるくらい、100mなら目標どおりに泳げるようになりました。このまま少しキツめのインターバルを練習に本格導入するなどして、少しずつ距離を伸ばしていこうと思っています。具体的には、200×2本→100×3本→50×4本の900mを3セットを最終目標にしていて、現時点では1セット後の200×2本までは泳げるようになりました。ちなみに200は3'30"サークル、100は1'45"サークル、50は55"〜60"サークルです。

 他方で、立ち泳ぎは深さのあるプールでの練習ができないので、毎回スクリューキック(平泳ぎのキックを片脚ずつ交互に打つもの)をドリルとしてやってます。基本はうつ伏せ+ビート板ありですが、気が向くと仰向け+ビート板なしでも。まあ、立ち泳ぎとして練習することが難しいので、海や深さのあるプールへ練習に行ったりしないと、できるかどうか判りません。

 

 

 ほかにも4個メ(時間制限なし)や方向確認、顔上げクロールなんかもありますが、この辺は2級受験のときに似たようなことをしているので、あんまり心配していません。

 いずれにしても、この年齢で自己ベストを大幅に更新するような泳ぎ方をマスターするのは相当骨が折れます。まあ、苦労せずに届きそうな目標では面白くないですからね。少しくらい不安要素があってもいいだろと自分を慰めています。

« 先週の運動です。 | トップページ | 簿記検定1級までの準備。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 先週の運動です。 | トップページ | 簿記検定1級までの準備。 »